更年期にきびに効果的な薬

30代以降は肝心の肌が20代の頃より蓄積されてきたダメージが浮き上がってくる時期でもあります。

 

更年期になるとさらに思春期の頃とは異なり顎やフェイスラインはもとより首の周辺ににきびが出来るようになります。
これは、肌の潤いやハリ、ツヤをもたらす卵胞ホルモンが年齢とともに減少し黄体ホルモンのはたらきが強くなり過剰な皮脂分泌が起こり大人にきびが出来やすくなります。

 

また、妊娠をきっかけにホルモンバランスの乱れからの影響も少なくなく、働く女性は、男性とは異なるストレスからも自分を守らなければなりません。
これらのバランスを劇的に解消することは難しいですが、基本的な肌ケアに合わせて朝晩にコップ一杯の水分をとったり、ビタミン剤などの薬やサプリメントで食事でも足りない栄養素を補う事はとても効果的です。

 

また、ワークスタイルによって避けられない負荷も存在するので休日などに旅行に行くのはもちろんですが、ウォーキングやヨガやジムなどで身体を動かすことは基礎代謝も上がりプラスアルファに取り入れた薬などの効果をさらに高めてくれます。

 

更年期の肌荒れ・シミ対策におすすめの医薬品・ロスミンローヤル

 

 

 

更年期にきびに対策におすすめのサプリ

 

 

更年期にきびに効果的な漢方

ニキビは若い人だけができるものというイメージですが、実は中年世代も多くの人が経験します。
これは大人ニキビと呼ばれるもので、乱れた食生活や睡眠不足、ストレスなどが原因で引き起こされます。
そして中でも多いのが、ホルモンバランスの崩れによるものです。
女性は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つのホルモンのバランスの変化によって生理が起こります。
このうち卵胞ホルモンは肌の潤いなどをもたらす良いホルモンですが、黄体ホルモンが少し厄介です。

 

黄体ホルモンは、生理前になると分泌のピークを迎え、血行不良によるむくみなどを引き起こします。さらに皮脂を分泌させる作用があり、生理前になると皮脂過剰になってしまいます。
更年期に入ると、卵胞ホルモンが減少してしまい、黄体ホルモンばかりが目立った活動をしてしまいます。
結果、過剰な皮脂の分泌によって大人ニキビを発生させてしまいます。

 

そういった背景から、中年世代が使うニキビ薬は、ホルモンバランスを整える薬がおすすめです。
「ペア漢方エキス錠」はケイヒ・ブクリョウ・ボタンピ・トウニン・シャクヤクの5種の生薬からなる「桂枝茯苓丸」で、ホルモンバランスの乱れによる肌の不調を改善させます。
血の巡りあわせも改善する大人のニキビ薬です。
即効性はないですが、続ける事で、体の中からニキビが出来にくい体質へと変えていきます。

 

他にも、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)なども効果の高い漢方薬です。

 

nuローション