中年ニキビの治し方

思春期のニキビはホルモンが皮脂腺を刺激して働きを高め異常に皮脂が分泌されることが原因となりますが、次第にホルモンのバランスが良くなるとその症状は改善されることになります。

 

しかし中年になってできるニキビであればそれは様々なストレスや睡眠不足、食生活などが原因となり、体調が変化して生じている可能性があります。

 

こうした症状を改善させるためには単に薬を塗って表面的に改善をはかろうとするだけでなく、原因をしっかりと見極めながら、その問題となっている生活習慣を改善していくことが必要になります。

 

治し方としてはストレスが過度にかかっていたり、睡眠不足が続いているのであれば、夜更かしせずに睡眠をしっかりとることが必要です。
ストレスを感じやすい人や、ストレスが多い仕事の人はそれを避けることは難しいので、体を動かして汗をかいたり、好きな映画や遊びを行って、なるべくストレスを解消できる行動をとるのもひとつの対策法です。

 

また、ストレス以外にニキビ改善・または発生させない対策法としては毎日の洗顔方法の改善です。

 

男性は正しい洗顔方法を女性よりも知らないケースが多いです。
女性でもキレイに洗顔できていない方法で何年も過ごしている人も多いです。

 

特に夜の洗顔は重要です。
一日活動して様々な菌や汚れが顔に付着したまま眠ると、眠っている間に肌でアクネ菌などの肌荒れを起こす菌が繁殖します。
こうしてニキビが発生してしまうので、毎晩寝る前の洗顔は必須です。

 

ゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、洗顔の泡をきめ細かく泡立てて、その泡を肌の上で転がすような感覚で洗顔します。

 

洗顔したら、ぬるま湯で15回以上流します。しっかり洗顔料が落ちるように流すのが重要です。
ぬるま湯で流した後は、少し冷たい水で毛穴を引き締めるように更に水で流します。
20回程度流したら完了です。清潔なタオルで水気を拭き取り、化粧水、美容液でしっかりと十分に保湿します。

 

このように肌に汚れを蓄積しない洗顔方法を行うだけでも十分解決できますから面倒臭がらずに、肌にやさしい洗顔・スキンケア化粧水などでケアを行っていくことが重要です。

 

ニキビに圧倒的な効果!洗顔&化粧水


 

 

中年男性にできるニキビの治し方

思春期においてはホルモンの分泌が一時的に高まることによって毛穴の中の皮脂腺が刺激され、その結果皮脂が過剰に分泌されることによってニキビが生じることになります。
しかし、思春期が終わる頃になると、ホルモンのバランスが次第に正常化されてきますので、ニキビは治癒に向かうことになります。

 

しかしながら、中年男性にニキビができるのであればその主な原因となっているのは体調の変化であるといえます。
ストレスが過度にかかっていたり、寝不足や疲労がたまると、この症状がひどくなってしまう場合があります。

 

それで、早期に改善をはかる必要がありますが、その治し方は基本的には生活習慣を見直したり、食生活について考えることが必要になります。

 

ひとつの方法として、ストレスの原因となっているものを見極めながら上手にリフレッシュすることは大切になります。
どうしても、夜遅くまで仕事をしたり、テレビを見たりしていると、睡眠が削られたり、良質の睡眠をとることができなくなり、悪循環になってしまいます。
それで、可能であれば朝早くに起床し、早めに仕事を開始し、早めに一日を終えられるようにするなら、ストレスを軽減しそのことによってニキビの改善にもなります。

 

 

 

おでこにできる中年ニキビの治し方

ニキビは若い世代に多い悩みですが中年期の方にも悩まれている方は少なくありません。

 

そして、ニキビは顔の様々な部分にできますが、おでこもまたできやすい部分です。
この部分は皮脂が多く出ることもありますし、汗もかきやすい場所ですので、ニキビやできやすくなります。

 

治し方ですが、まずは洗顔を丁寧に行い、余計な皮脂や汗などの汚れはしっかり取り除いておきましょう。

 

そして、髪がおでこにかかっている場合も悪化しやすいので、おでこをすっきり出すヘアスタイルにしてみるのも良いでしょう。

 

さらに気になるからと手で触りすぎるのはあまりよくありません。

 

洗顔でしっかり汚れを落とすことは大切ですが、乾燥してしまうとより多くの皮脂が出ることとなりますので、余計な脂浮きを抑えるためにも保湿ケアは丁寧に行っておきましょう。

 

中年期になると若いときとは違い、ターンオーバーの機能も衰えていきますが、肌の代謝をアップさせるためにも、ピーリング効果のある石鹸や化粧水を取り入れてみるのも良いでしょう。

 

さらに食生活の乱れや喫煙の影響が肌に悪い影響を及ぼすこともありますので、こちらも改善していきたいところです。
便秘もニキビができやすい原因となりますので、こうした症状がある方は改善の努力を行っていきましょう。

 

中年世代におすすめのニキビ薬

20代の頃まで多かった肌のハリやツヤを作ってくれるエストロゲンが、30代を境に減りだし更年期になると激減すると同時にプロゲステロンが活発になりにきびの原因の1つもでもあるアクネ菌の餌となる皮脂が増えだします。

 

生理前に多くの女性が体験したことがある肌荒れも実はこのプロゲステロンのはたらきが強くなった時によるものです。
総合的に肌のターンオーバーの周期も非常に遅くなりにきびも治りにくくなった肌は、シミにもなりやすくなり肌ケアの方法も年齢と共に変える必要があります。

 

また、更年期になると肌だけでなく様々な理由から全身に不調が現れだし、精神的な不安も増えストレスを抱えてしまい崩れたホルモンバランスは肌にも顕著に影響を与えます。

 

全ての悩みを取り除く事は出来ませんが肌は、基本清潔な状態を好むので泡洗顔で化粧水などが馴染みやすいベースを作り、睡眠を十分にとってなるべくバランスのとれた食生活が好ましいです。

 

それでも毎回、理想的な料理を作り、ストレスのない生活を継続することは実際には難しいのでホルモンバランス自体を整えてくれる漢方を取り入れたり、ビタミンCなどの欠けている栄養素を補ってくれる薬やサプリメントを食事や休憩の時に合わせて取り入れるのは手間を省くことも出来て効果的です。

 

更年期の肌荒れ・シミ対策におすすめの医薬品・ロスミンローヤル

 

 

 

更年期にきびに対策におすすめのサプリ