更年期のニキビ治療法

更年期にニキビが増える人がいます。その大きな原因はホルモンバランスの乱れです。
更年期には女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し、プロゲステロンが優勢になります。

 

女性らしい体つきを作ることから美のホルモンとも言われるエストロゲンに対して、プロゲステロンは皮脂の分泌を促す作用があり、ニキビができやすくなるのです。

 

もう一つの大きな原因は肌の老化現象です。

 

肌は若い頃は28日周期でターンオーバーを繰り返し、新しい肌へと生まれ変わっています。
しかし年齢を重ねるとその周期が遅くなり、本来なら体外に排出されるべき古くなった角質や皮脂などがそのまま肌に残ってしまうのです。
するとそれが毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となるわけです。

 

そこで更年期ニキビの治療法はまず、ホルモンバランスを整えることです。
お手軽なのがプラセンタです。
プラセンタには様々な効用がありますが、ホルモンバランスを調整してくれる作用があります。
これによって不足したエストロゲンを調整できるのです。

 

また、肌の老化にはまず保湿をすることです。
毎日のスキンケアで保湿が重要であることはご存知かと思いますが、ニキビの部分は保湿しないという方もおられるようです。実はこれは間違った行為なのです。
保湿をしないと肌が乾燥していると脳が勘違いし、余計に皮脂が分泌されてしまうのです。
洗顔で汚れを落としたら、必ず保湿を忘れないことです。

 

 

大人ニキビ,改善,治す,中年期,更年期,治療法