大人ニキビが治らないときの対処法

大人ニキビは思春期にできるニキビよりも厄介なものです。

 

その理由は青春時代のそれとは違って考えられる原因が様々あるからです。
治りにくいその理由は、何が原因でニキビが発生しているか、原因が多岐に渡るため改善方法を特定できないことで改善が難しいと言われて今s。

 

しかしそんな厄介な大人ニキビも様々な面で対処を行うことで改善が可能です。

 

大人ニキビの多くの原因は角質肥厚と言われています。
肌は通常28日周期でターンオーバーを繰り返し、新しい肌に生まれ変わっています。
しかしこの周期が何らかの原因で乱れると、本来垢として体外に排出されるべき古くなった角質などがそのまま肌に残ってしまいます。
こうして角質が厚くなった状態を角質肥厚と言います。するとその古くなった角質が毛穴を詰まらせ、それがニキビの原因となるのです。

 

そこでどうしたも治らない大人ニキビにはターンオーバーを正常化させることが一番です。
ターンオーバーが正常化すれば、古くなった角質が肌の外へ排出され、ニキビの原因となる毛穴の詰まりがなくなるのです。そのためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

まずは正しいスキンケアです。
過度な洗顔はNGで洗顔後は必ず保湿です。
また、規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事、適度な運動、良質な睡眠などの体の内側からのケアも大事です。
特に肌のターンオーバーを促すビタミンAや、美白作用やコラーゲン活性作用のあるビタミンCなどを積極的に摂るといいでしょう。

 


 

なかなか治らない成人ニキビの対処法

ニキビには種類があり、その代表的なものは2つあります。

 

ひとつは思春期ニキビと言われるものです。10代の思春期にできるニキビで、
成長期に皮脂分泌が過剰になることが原因だと言われています。

 

もうひとつは成人ニキビと言われるもので、原因は1つに絞れないのが特徴です。
睡眠不足や不規則な食生活、飲酒や喫煙、ストレスなど様々な要因が考えられます。

 

ではその2つのニキビの違いは何かというと、前者は皮脂の分泌が主な原因であるので、
出来る範囲も皮脂分泌の多い額や鼻などのTゾーンから頬までの広範囲に出来ます。

 

それに対して成人ニキビはUゾーンと言われる顎やフェイスライン、そして首筋に出来る傾向にあるとされています。

 

成人ニキビはすぐに治らないことが多くあります。それは生活習慣などが主な原因のため、
対処法が必ずしも自分にあっているかわからないからです。

 

しかし、傾向に対しての対処法は確立しつつあるので、それに基づいて治療することになります。
たとえば、生活習慣が原因であればその多くは食生活を直すことで改善されます。

 

一般的にお肉やお菓子、砂糖を多く含んだ食べ物がニキビを作りやすい食べ物として挙げられています。
これらの量を減らし、玄米や野菜、階層や豆類の量を増やすように心掛けることで改善を見込めます。

 

とにかく成人ニキビの原因は日常で改善したいものにあるので、生活習慣を見直すことが一番の対処と言えるでしょう。

 


関連ページ

男性のニキビ改善法
女性のニキビ改善法
頬ニキビの原因と解決法
改善する食事
皮膚科で治る?
顎ニキビの原因
おでこニキビの原因とは?
内臓との関係
ストレスとの関係
おでこのニキビと妊娠の関係性
改善に役立つ栄養素とは?
背中ニキビの原因
大人になってからできる背中ニキビの原因と予防するためのケア方法について解説しています。背中ニキビはできてしまうと治すのが大変ですよね。そんな背中ニキビができてしまう原因を知って普段の生活の中でしっかりと予防できるようにしましょう。