大人ニキビに効果的な薬とは?

大人ニキビに効果的な薬はいくつかの種類に分かれます。
症状段階に応じて使い分けるのが効果的です。

 

症状に応じて使い分けないと肌に負担をかけてしまい副作用が心配だからです。
ニキビには、白いものや黒いものに、赤や黄も存在しますが、色の症状に応じたものが必要になります。

 

主な処方薬は塗り薬と内服薬があります。

 

塗り薬の特徴

塗りは種類が少なめで、症状に配慮した成分を配合されています。
特徴は、殺菌炎症の効果のなどの角質を軟化させる成分の配合、乾燥から肌を守りつつ、ビタミンCを含んでシミやソバカスを防いでくれます。
抗炎症効果と殺菌力を特徴とし、塗った上からでもメイクが出来るタイプもあります。

 

ニキビの原因の根源を抑える、大人ニキビを元から対応し症状を悪化させるアクネ菌を殺菌して進行を防ぐものもあります。

 

内服薬の特徴

内服薬(抗生物質)が有効なのは炎症にきびや化のうニキビなどです。
基本的に軽い炎症である白ニキビや黒にきびのに対して処方されることは少ないです。

 

ニキビ予防として用いることもできずに難点もあります。

 

また、漢方は、長期的にバランスを整え症状を改善に働きかけ、カラダが本来持っている自然治癒力を高めるものになります。
ドラッグストアなどで大人ニキビの薬を購入する時には薬剤師の方からのアドバイスを元に選ぶのがおすすめです。

 

薬ではなくスキンケアケアセットもニキビ対策&予防におすすめ!