20代のためのニキビ対処法

ニキビで悩んでいる女性はどんな世代でも共通した悩みといえます。
ちょっとした生活習慣の乱れによってもニキビはすぐにできてしまうことから、「できない」ではなく「はやく治す」といったニキビの対処法を知っておくといいように思います。

 

特に20代からのニキビというのは、ストレスや食生活といったなかなか改善しにくい要因によってできてしまうことが多く、慢性化して痕が残ったり色素沈殿になってしまう危険性もあるため、しっかりと対処法は身につけておきたいものです。

 

不規則になりがちな生活習慣を見直す

対処法としてまず真っ先に考えることは、自分の最近の生活習慣を見直してみることです。
飲み会が立て続けにつづいて寝不足だったり、アルコールを普段より多めに摂取していたり、あるいはメイクを落とさずに寝ていたりなんてことはしていませんか?

 

こうした何気ない行動も、肌にとっては大敵になってしまいます。

 

また、20代という年齢は、肌の曲がり角と呼ばれるほど、体質が変わってしまいます。
これは年齢によるものなので、仕方のないため、私たちの普段の行動から変えていかなければ、ニキビだけでなく肌のトラブルに陥りやすいため、十分に気をつける必要があるといえるでしょう。

 

20代のニキビに効果的な化粧品

20代の方の中には、ニキビに悩まされている方は大変たくさんいます。
たくさんの美容雑誌やインターネットのサイトなどでニキビに対する対策などがたくさん掲載されていて、それらを参考にたくさんの行動を起こしている方は多いですがいったいどれが本当に自分に合うかが解らないという人が多いのも現状です。

 

スキンケア前の注意点

改善する上で一番大事なのはやはりお化粧品を扱う時や、スキンケアをする時などはきれいに清潔な手で扱うことです。
もし手が不衛生でしたら、そこから毛穴にばい菌が入っていき、悪い菌が溜まってニキビになるということも多いので要注意です。

 

スキンケアのポイント

そして水分補給をたっぷりとしなくてはなりません。
ニキビに悩まされている方には、化粧水や乳液、クリームなどを付けると顔がべたついて気持ち悪い、逆にニキビも増えてしまうのではないかと心配する方が多いですが、それらを施すことなく顔を洗った後そのままにしておく方が良くありません。

 

肌を刺激しすぎない洗顔を使い、正しい洗顔法で洗顔することから始まり、しっかりと保湿することがニキビ改善の基本だと言われています。

 

様々なニキビケアセットが販売されていますが、富士フィルムが販売しているルナメアACはニキビ対策化粧品の中では高い人気を誇っています。

 

ニキビケアはこのルナメアを使用し、ファンデーションなどは、ミネラル成分を含んだ肌にやさしいファンデーションを使用するのがおすすめです。

 


 

ミネラルファンデーション

 

 

またその他には、食生活を改善することも大事で、新鮮な果物を摂取するなどとして、体の中にビタミンCを多く摂取して、体の中〜きれいにしていくことが、ニキビ改善に効果的です。

 

20代のニキビを改善してくれる薬

ニキビと一言で言っても、その種類や原因は様々です。

 

20代の場合は特に、生活環境の違いから来るものもあればストレスなどの改善しにくい原因のものも少なくありません。
このため、治療のためには化粧品などではなく、薬を使うことも少なくないものです。

 

自分のニキビの症状をチェックしましょう

ニキビの場合は皮膚科に相談することが一番いいでしょう。
皮膚科で相談し見てもらうことにより、専門的な治療が受けられる他、自分のニキビの症状を知ることができるので、その後のスキンケア化粧品の選び方にも影響します。

 

皮膚科で処方される大人ニキビ薬

最近の主流となっているのは、塗り薬と内服薬の併用です。
塗る軟膏やジェルなどは数種類出ますので、必ず医師などの指導を受けましょう。
また、飲みぐすりは抗生剤とビタミン剤が出されることが多いものです。
ただ、併用しているサプリメントなどがある場合は相談しておきましょう。

 

専門治療はお金がかかる?

20代の場合は、適切なスキンケアにより改善することが少なくありません。
ただ、それでもやっぱり肌の調子が戻らない、整わないと感じるのであれば、皮膚科に相談することも方法の一つでしょう。
最近は特に効果的な治療方法も出てきており、いろいろな選択肢があります。
ちなみに、この内容は健康保険が適用される範囲内でのことになります。
というのも、美容皮膚科などに関しては、健康保険対象外でより効果の強い治療をしていることもあるのです。

 

20代になっても治らないニキビの改善法

20代になっても治らないニキビ、その対処法は間違っているかもしれません。

 

20代を過ぎても治らないニキビは大人ニキビとも言われ、10代の頃とは原因が違うため、改善するための対策方法も違うのです。

 

毛穴の詰まり対策

ニキビは毛穴の詰まりが原因です。
10代などの若い頃はホルモンバランスが乱れることにより皮脂の分泌が活発です。その皮脂が毛穴を詰まらせることが原因です。

 

毛穴の詰まらせる原因とは?

一方20代ともなると、ホルモンのバランスも整います。
何が原因かというと角質肥厚です。

 

肌表面の角質が厚くなり、それが毛穴を詰まらせることが原因なのです。

 

肌のターンオーバーの乱れ

この角質肥厚の原因はターンオーバーの乱れと言われています。
肌は通常28日周期で新しく生まれ変わっています。
しかし何らかの原因でその周期が乱れると、本来垢となって排出されるべき古くなった角質が肌に残ったままとなります。これが角質肥厚です。

 

肌のターンオーバーサイクルを整える方法は?

そんな角質肥厚を改善するには、まずターンオーバーを正常化することです。
それには規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事、適度な運動、良質な睡眠が前提となります。
また、ピーリングによって物理的に古くなった角質を剥がし取るのも効果的です。
これによってターンオーバーも促進されるので、殻をむいたゆで卵のようにつるつるの肌に生まれ変われます。

 

20代ニキビを改善する正しい洗顔法

20代ニキビの改善方法は、正しい方法で顔を洗う必要があります。
ニキビは病気ですので、もしひどくニキビが出来てしまったら皮膚科などを受診しなければいけませんが、毎日正しく洗顔を行えば20代のニキビですと簡単によくなります。

 

洗顔方法の注意点

正しい洗顔の仕方として回数や時間、温度など様々なことに注意しなければなりません。
洗顔料で顔を洗う回数が多すぎるとニキビは改善しません。
なぜなら、洗顔料で肌を洗いすぎると皮膚がぼろぼろになり、老化を招きます。
洗顔料を使って顔を洗う回数は1日2回までが最適で、1日3回以上ですと明らかに洗い過ぎです。

 

適度な回数を守る必要性があります。

 

洗顔料による負担を考慮した洗顔

その他に注意しなければならない点は、起床後の朝、顔を洗うときは水だけで大丈夫ということです。

 

朝は天然の保護膜が張られている状態ですので、その保護膜を顔をゴシゴシ洗うことで剥がしてしまわないようにする必要性があります。
顔を洗う時に様々な注意点がありますが、一番注意しなければならないのは顔を洗うときの温度です。

 

洗顔時の水の温度

顔を洗うときに最適な温度は32℃と言われていますが、35℃以上の温度ですと、肌に必要な皮脂まで流してしまいます。
こうしたことから回数や温度など、正しい方法で顔を洗えば、20代ニキビは改善することができます。

 

夜はニキビケアに有効な洗顔料を使用してぬるま湯で洗顔します。
洗顔料を残さずにしっかりと落とすために、洗顔で洗い終わった後は30回以上ぬるま湯で流します。
最後には冷たい水で毛穴を引き締め、美容液・化粧水で保湿するというのが正しい洗顔の方法です。

 

20代ニキビ改善におすすめの化粧水

女性にとってニキビは大敵です。
特に20代ニキビは体の新陳代謝も激しく、油脂が顔にたくさん分泌されるため頻繁に出来てしまうのが特徴です。

 

20代ニキビは毛穴に油脂や皮脂汚れがたくさんたまってしまうことで炎症を起こしたり化膿することでニキビになるのです。
そのために20代ニキビを改善するには洗顔後に収れん性の高い化粧水でお手入れすることがおすすめなのです。

 

収れん性とは?

収れん性とは毛穴を引き締めることを指すのです。
毛穴が洗顔後にきゅっと引き締まると、油脂汚れや化粧汚れが毛穴に入り込まず炎症を引き起こしにくくなるのです。
またこうした収れん性の高い化粧水を一度塗り、さらに洗面器に氷水や冷水を貯め、そこに顔面をつけるとさらに毛穴が引き締まり、キメの細かい肌トラブル知らずの素肌になることができるのです。

 

洗顔での肌への負担を減らす

また20代ニキビにはしっかり化粧と皮脂汚れを落とすことを忘れてはいけません。
界面活性剤入りの洗顔料は肌に負荷を与えすぎて炎症を起こしやすくなるので、できればクレイと言って海泥でできたミネラルたっぷりの天然素材の洗顔料で優しくメイクと油脂汚れを落としきることが大事なのです。
また収れん性の化粧水だけでなく保湿成分に優れる乳液でしっかり肌を保護することも重要です。