30代のためのおでこニキビ改善法

おでこにできたニキビは気になりますよね。目立つ部位ですし、ひどくなって跡が残ってしまうのは避けたいところです。
そこで30代のためのニキビ改善法をご紹介します。

 

まずはおでこは他の部位よりも皮脂の分泌が活発な部位です。
そのためニキビができやすいというのは仕方ないのです。そこでその改善法としてまず第一にあげられるのが、洗顔によって過剰な皮脂を取り除くことです。
ここで忘れてならないのが、洗顔後の保湿です。
皮脂が気になるからといってその部分は保湿をしないという人が多いようですが、ニキビがあるからといって保湿しないのは絶対にNGです。
肌が乾燥していると脳が勘違いし、余計に皮脂の分泌を促してしまいます。

 

そうならないように洗顔で余計な皮脂を流したら保湿は欠かさないことです。

 

ピーリングによる古い角質ケア

またピーリングも効果的です。
30代のニキビの多くの原因が角質肥厚です。古くなった角質が毛穴を詰まらせてしまうのです。
ピーリングでは古くなった角質を取り除くことができます。施術後には殻をむいたゆで卵のように、つるんとした肌に生まれ変われます。
実はピーリングは肌表面の汚れなどを取り除くだけでなく、肌内部にも働きかけターンオーバーの活性化という作用もあるのです。

 


 

 

30代になってもニキビ治らない ときの改善法

ニキビができてしまうと、いくらきれいにメイクをしてもニキビが目立ち、それだけで落ち込んでしまうもの。
10代・20代を過ぎれば治ると思っていたのに、30代になってもなかなか治らないという方も多いでしょう。

 

そこで、なかなか治らないニキビの改善法を簡単にご紹介します。
まずニキビの原因から見直していきましょう。

 

毛穴の皮脂汚れ対策

ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まって、そこにアクネ菌が繁殖することで炎症を起こした状態です。
つまり詰まりがなく、清潔な毛穴ならニキビはできないのです。

 

ここで問題なのが毛穴の詰まりの原因です。
10代や20代の頃は過剰な皮脂が原因のことが多いのですが、30代ともなるとそうではないのです。

 

肌はターンオーバーによって新しく生まれ変わっています。
この周期が遅くなることで、本来体外に排出されるべき古くなった角質などが肌に残ったままになります。
するとそれが毛穴を詰まらせてしまうのです。つまり、古くなった角質が肌に残っているのが原因なのです。

 

ピーリングによる古い角質ケア

そこで30代になっても治らないニキビに効果的なのがピーリングです。
フルーツ酸などを用いて肌表面に残った古くなった角質や汚れを剥がし取る方法です。
これによって毛穴詰まりが解消されますし、また肌内部にも働きかけ、ターンオーバーを正常化する効果も期待できるので、外側だけでなく内側からもきれいな肌になれるのです。

 

30代になってニキビが急に増える原因と対策

ニキビというと思春期にできるものというイメージかもしれません。思春期にももちろんできますが、実は30代になって急に増えることもあるのです。

 

そもそもニキビができる原因は毛穴が詰まることです。
毛穴が詰まるとそこにアクネ菌が繁殖し、炎症を起こした状態です。
思春期にはホルモンバランスが乱れることで過剰分泌された皮脂が毛穴を詰まらせます。しかし30代のニキビの主な原因は過剰な皮脂ではないのです。

 

肌のターンオーバーサイクルを整える

肌は28日周期でターンオーバーを繰り返し、新しい細胞へと生まれ変わっています。
その周期が遅くなることで古くなった角質が肌に残ったままになり、それが毛穴を詰まらせニキビの原因となるのです。

 

そこで30代になってからのニキビの対策は、肌のターンオーバーを正常に戻すことです。
そのために即効性があるのがピーリングです。フルーツ酸などを用いて皮膚表面の古くなった角質などを剥がし取るのがピーリングです。一皮むけたような肌に生まれ変わることができます。

 

また内側からのケアも大事です。ターンオーバーを促すビタミンAをはじめ、美白効果やコラーゲンの生成にも関わるビタミンCなどを積極的に摂ることです。
それに、ターンオーバーには良質な睡眠も欠かせません。夜10時から午前2時までのお肌のゴールデンタイムは就寝しておきましょう。

 

30代になってもニキビができる人が気をつけたい食べ物

肌のトラブルとしてニキビに悩む人はとても多くいらっしゃいます。
一番ニキビに悩む年代としては10代で、小学校の高学年から高校生です。

 

思春期に出来るのはごく一般的なことで、皮脂分泌が過剰になってしまうことが原因だといわれています。
ホルモンバランスが整ってくる20代前後になると、ニキビの出現数は減少し、無くなる方がほとんどです。

 

しかし、20代後半、30代に突入してもニキビに悩まされている人が存在します。

 

そして思春期以降にできるものの原因としては様々ですが、主な理由として生活習慣の乱れやストレスなどと言われています。
そして何と厄介なことに大人ニキビは思春期のものに比べ、痕として残りやすいです。

 

ニキビ対策におすすめの栄養素・食べ物

仕事が忙しく寝不足気味に陥ることが多く、20代に比べ体力や免疫力が落ちている30代はホルモンバランスも崩れやすく、栄養素としてはビタミンB1やB2が不足してしまいます。
また、糖類を摂取しまいますと大切な栄養素のミネラル、ビタミンB1やB2を消費してしまします。

 

糖類を多く含む、飯や麺類、パン、イモ類など、スイーツなどの糖類を多く含む食品を避けるという食事方法が効果的です。
食べ物をよく考え選び摂取していくことで30代のニキビの多くは改善します。

 

30代になってもニキビができる原因とは?

ニキビは青春の勲章と思っている人が多いようですが、実は30代になってもできる可能性は充分にあるのです。
ニキビが皮脂などの毛穴の詰まりにアクネ菌が繁殖することが原因であることは、良く知られています。
しかし毛穴を詰まらせるのは皮脂だけではないということを知っている人はそう多くはないようです。

 

10代や20代のニキビは過剰な皮脂が毛穴を詰まらせることが原因です。
そのため、洗顔をして過剰な皮脂を洗い流し、乾燥を防ぐためにその後保湿をするというのが対策になります。

 

一方30代のニキビはというと、毛穴を詰まらせるものが違うのです。
肌は28日周期でターンオーバーによって新しく生まれ変わっています。

 

しかし、年齢などのせいでその周期が遅くなると、本来体外へ排出されるべき古くなった角質などが肌に残ったままになってしまうのです。
するとそれが毛穴を詰まらせ、そこにアクネ菌が繁殖することが原因なのです。乾燥しているのにニキビができるというのも、この毛穴の詰まりが問題なのです。

 

これを治すには、まず肌のターンオーバーを正常化することです。それには規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事、質の良い睡眠などをとるとともに、洗顔、保湿という正しいスキンケアの実践が必要です。