40代のための顔ニキビの治し方

若い人には青春のシンボルであるニキビですが、顔ニキビに悩まされているのは実は中高年の人にも多いのです。
特に40代になると、女性はホルモンバランスが崩れてきて更年期障害が始まることもあり、体調が悪くなり肌の調子も悪くなりやすいのです。

 

顔ニキビは隠すのが難しいうえに、化粧品などでさらに悪化してしまうこともあるので非常に厄介です。

 

40代のニキビができる原因とは?

ニキビの原因は若い頃とは異なるため、治し方も違います。40代になると、まず身体の中のコラーゲンが減少してきます。

 

コラーゲンは水分を肌の中にとどめておく役割があります。これが減ってくると肌の細胞が乾燥した状態になってしまい、肌は水分を留めようとするため、皮脂を分泌します。
この皮脂が過剰につくられて毛穴に詰まってしまうことがあります。

 

水分が充分にあって正常な状態の細胞はキメが細かく整っていますが、乾燥した状態の細胞は弾力性が衰えて形状が保てなくなり、キメが不規則に乱れるために余計に皮脂や汚れが詰まりやすくなってしまうのです。

 

日々のスキンケアでの保湿が重要

これを解決するためには、日頃から肌の保湿をしっかりと行いましょう。
洗顔時の水の温度にも気を付けなければなりません。
熱いお湯は肌の水分を奪ってしまいます。
冷たい水かぬるま湯で、過剰にこすったりせずに洗顔して化粧水はたっぷりと使用して下さい。仕上げに乳液で水分を肌にしっかりと閉じ込めましょう。

 


 

40代のニキビに効果的な化粧品

美しい肌は、多くの女性の憧れであり願いです。
肌のトラブルの中でも、多くの方を悩ませているのはニキビではないでしょうか。

 

10代の頃のニキビトラブルの場合は、専用のケア化粧品やクスリなどを利用する事で、患部を感想させてケアをする事ができます。
しかし、40代からの大人ニキビの場合は、同じようなケアをすると肌を傷つけてしまう場合が有ります。
肌をきちんと守りながら効果的に、直すためにはどのような化粧品が良いのでしょうか。

 

最も大切なのが、保湿です。

 

若い頃の肌トラブルには、油分を除去して感想させる事が大切ですが、大人ニキビの場合はしっかりと保湿を行い肌を健康に保つ事がポイントです。
また、大人ニキビの場合は、毛穴のつまりや古い角質が肌に残る事で発生します。

 

ですので、肌を清潔に保ち古い角質を除去する事が大切です。
肌が生まれ変わるサイクルは4週間ほどかかります。

 

その間に、健康で美しい肌が生まれるように、有効成分をたっぷりと肌に与える事も大切です。
ビタミンCやコラーゲン、アミノ酸など肌が本来持っている回復する力をしっかりささせる事ができる化粧品を選ぶ事も、早い回復を目指すためには欠かせないポイントの一つではないでしょうか。

 


 

40代でも遅くないニキビ跡の治し方

40代以降に出来る大人ニキビで悩んでいる人も増えています。生活習慣も変えていないのに突然出来始める事もあります。
大人ニキビは、年を取る事によってホルモンバランスが崩れてしまいニキビが出来てしまう事があります。大人ニキビが出来てしまうとニキビ跡としてお肌に残ってしまいます。

 

大人にきびの跡は、20代の若い頃とは違い新陳代謝のスピードも遅くなってしまっているので、ニキビの跡を治すにも時間が掛かってしまいます。

 

ニキビ跡の治し方は、新陳代謝を良くする事が大切です。栄養の整った食事を取るようにしたり、たんぱく質やビタミンを摂取する事が大切です。
睡眠も出来るだけ、22時〜2時迄の間に寝る事で、お肌の修復が行われ、成長ホルモンが沢山出されており、お肌を綺麗にする事が出来ます。

 

運動を行ったりお風呂に入る事で、血行も良くする事が出来るので新陳代謝を良くする事が出来ます。
ニキビ跡は色素沈着を起してしまっているので、保湿するだけでは治す事は出来ません。

 

ニキビ跡の治し方は、美白成分の入っている化粧品を使用して、お肌のターンオーバーを促すようにします。色素を薄くする事が出来る、ハイドロキノンという成分が配合されていると、ニキビ跡を薄くする事が出来ます。

 

 

 

40代男性のためのニキビ改善法

若い人しか出来ないというイメージのニキビですが、40代男性でも出来てしまう事があります。
元々男性の肌は、男性ホルモンの影響により、女性の肌より脂っぽいです。

 

さらにこの年代になると、仕事上でも上から下かたの板挟み状態で、ストレスがたまる人も少なくありません。
さらに加齢によるホルモンバランスの変化や、運動不足によるターンオーバーの乱れが原因と言われています。

 

改善法は、まずは洗顔です。男性は女性より美容知識が薄いため、顔の皮脂を取ろうとダイナミックにゴシゴシと顔を洗う人が多いです。

 

しかしこの洗顔法では余分に肌の水分や油分が蒸発してしまい、乾燥した肌がうるおいを取り戻そうと過剰な皮脂を出した結果、さらにニキビが増えるという悪循環が起きてしまいます。

 

洗顔フォームを使った洗顔は1日2回までにして、その洗顔もたっぷりの泡で肌を傷つけないように優しく洗うように心がけます。
洗顔料の洗い残しも肌には良くないので、ぬるま湯でしっかりすすぐようにします。
洗顔や化粧水でしっかり保湿してもニキビが改善しない場合は、体の中に問題がある可能性があります。
ホルモンバランスを整える薬を病院で処方してもらうか、市販のサプリメント等を飲んで体の内側から改善していくようにします。